社長挨拶

皆様はじめまして。弊社代表を務めております石井と申します。どうぞよろしくお願いします。
弊社は昭和41年にこの三鷹市で創立以来、総合建設業を天職とし、個人住宅やアパート、マンション等の建設工事、道路の舗装工事や下水道工事等の土木工事を通じて、地域市民の一人として、また総合建設業者の使命の一つである『地域社会の発展とより良い街づくり』の一翼を担ってまいりました。

時代の変化により、ビルド&スクラップという手法は間もなく終焉を迎えることでしょう。これからは高耐震、高気密、高断熱住宅が当たり前となり、さらに地球環境への負荷を考えた省エネルギー住宅、さらに進んだ創エネルギー住宅やゼロエネルギー住宅がいずれ必須となって参ります。私たちのもう一つの使命である、『お客様の命を守り、大切な資産を守る』ことです。言い換えれば、『耐震性の高い建物で震災から命を守り、アフターメンテナンスや定期点検等を通じて資産価値の維持をして頂く』こと、これこそが総合建設業の真の姿であり、総合建設+サービス業の融合であります。

良いものを創りたい

創業以来、当社を信用・信頼し、お仕事を依頼して頂けるお客様、一所懸命に働いてくれる社員、仕事の実現に欠かせない協力会社の皆様、 そして地域の皆様に支えられ、事業を続けることが出来ました。心より感謝申し上げます。

時代も昭和から平成、そして令和に変わりました。
当社はこの令和を更なる成長に向けた第二創業期として捉え、ネクストステージへと進んで参ります。

「わが社は、顧客の生命と財産を守り、心地良い空間で心が豊かになる暮らしを実現し、社員の物心両面の幸福の追求と地域社会の繁栄に貢献することを目的とします。」という 経営理念を掲げています。
この理念に基づいて事業に取り組み、お客様の幸せ、社員の幸せ、地域社会の繁栄とともに成長、発展し、物心両面の幸福を実現してまいります。